忍者ブログ
021号室のただ単純なる日記。 毒づいたり暴走に燃えたり死にかけたり色々です。
[643]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ですが完全にアウトですね!苦笑
TOP絵も変えてないまんまで…申し訳ない
というかログインパスが分からないまま放置しました
す み ま せ ん …!


あ。ご無沙汰しております!
いや、もうTwitterが手軽で楽過ぎて言いたいことは全部そっちで言うようになってましたすみません><;

ちょっと色々考えることがあったので、
思考の奥深くへ潜りに来ました。







あ。ちなみに上の画像は女装君ですよ
(久し振りの更新でこれってお前)



Twitterで最初呟いてたんですが
長くなってTLお邪魔しそうだったのでこっちに。

行けるところまで深く潜ってみようと思うので、
真剣に読んで頂くのは、大変申し訳なく思います。




【絵描きの無力感】
と書きだしました。

補足していきます。



【絵描きの無力感をここ数年はうっすらずっと感じている。映画や、本や、音楽や、笑いのように、深く心の琴線に触れられることがとても難しい。出来たとしてもそれはごく一部の才能と心のある作家さんだけなのだろうと。】


自分の描いている、”イラストレーション”というものには、時間の経過がない。
受け手が「見た」その一瞬の印象に賭けるしかない。
色であったり、世界観であったり、そういったもので。

多くの絵描きは、その一瞬の内で「感動」を与えることはきっと出来ない。
印象を残すことはできても。


【自分が、いま、絵で何が出来るか?と考えたら、それはとても難しい事だ。何を思っても、ただ独りよがりになってしまうのだ。】


絵を描く事で誰かを救うことが出来るか。
誰かの心を奪うことが出来るか。

自分が生み出したものは、何か残せているのか。


例えば、泣いている人が居たとして、
そのお母さんがうどんを茹でてくれたりとか

例えば恋をした人が居たとして、
音楽を聴いて勇気が出たとか

例えば失恋してしまった人が居たとして、
一本の映画に心を癒されたりとか

例えば日常世界に疲れた人が居たとして、
コント番組観て笑って明日も頑張ろうと思ったりとか



そういう場所に「イラスト」は存在できるんだろうか。



よしんば

【たとえ誰かの心に触れられたとしても、それは「わたし」と「あなた」の範囲の話であって、果たしてそれでいいのかとも思うし、でもそれでもいいと思う自分も居る。】


誰かに絵を贈りたいと思ったりもする。
お祝いやお別れで絵を贈ったりもする。

それで喜んでくれる人も沢山いたし
その反応を貰えるとすごく嬉しい。
でもそれって本当にひとりよがりな事で

手編みのマフラー的な…
なんとなく処分しにくいものだし
迷惑になってないかなとか。


なんというか私の場合、
重いので
好意的な相手に対して色々送り付けてしまう癖があるので余計に。


普段明るくて楽しいムードメーカー的存在が
いざ誰かが苦しんでる時になって何もできずに
横にいた無口な奴の一言の方がその子を救ってしまう的な

結局大事な局面で役に立ってないみたいな。
そういう無力な絵描き。




何の為に絵を描いているのか。

と問われれば

「描きたいから」

と答えるほかない。それ以外の回答はない。



でも、
本当は、

あなたの心に触れたい。



「あなたの絵が好きだ」
と言われるのは最高の賞賛であり名誉だ。


が、
それ以上に
もっとこう、掻き乱すくらいの勢いで
両手で触れる位の体温で
深く
深く
あなたの心を掴みたい。
そして愛して貰いたい。




ただ、それが出来ない。




絵描きの無力感
というか…

ただの自分の無力さですね。

ここまで書いてようやく気付いた。
しかも途中で完全に話題がすり替わっててびっくりした。




でも、後半のただの私の欲望の話はさておき

本当に、何もできないな
って思う事は結構多いです。

繊細な問題なのであまり言わないようにしていましたが
震災の時も、本当に、絵描きとして何もできなかった。
ひとりよがりに絵をUPしたりもしたけど、
意味はきっとなかった。

それだけの行動力もないというのも実際だけど。


絵って多分、付加価値みたいなものなんだろうなと

絵描きはきっと勇者にはなれない。
パーティの馬車牽いてる人とかさしずめ





ここまで書いて。

何でしょう…
自分の理想をここまでダラダラ並べると
現実とのギャップが深すぎるんだろうなとも思うのですが

自分の絵を変えていくほか
やっぱりそういう事になっていくんだろうなと思います。

ようやく今のスタイルでまっすぐな道が見えてきているので、
そこから逸れずに
苦しみながら
なんとかしてこのギャップを埋めていきたいなと。


多くの、誰かに触れていきたいなと。
思います。



そう思うと娯楽であんまり絵を描かなくなったなー。
絵を描く事が人生に染み入り過ぎて、
いつの間にか「趣味」のカテゴリーから外れてたんだな。

まだ絵は上手くなれると思っている。
というか現状へったくそ過ぎるので
上手くなりたい。






もっと深く深く潜ろうと思いましたが、途中で途切れてしまったのでここまで。
途中一寸泣きそうにはなったけど 笑


もしこんなとこまで読んで下さった方がいらしたら、
すみません。
ありがとうございます。



そしてこの思考の沼へダイブする機会をくれた某さん
色々とごめんなさい。ありがとです。
(さすがにこれご覧になってないとは思うけど、
 こういうこと勝手に書いちゃうから駄目なんだろうな…ほんとに)
PR
この記事にコメントする
オナマエ
タイトル
モジイロ
メルアド
オウチ
コメント
パスワド   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今週のビックリドッキリメカ
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア


最新CM
[03/28 中原青餅]
[03/28 お茶の町@右脳式]
[03/24 中原青餅]
[03/06 お茶の町@右脳式]
[08/22 中原]
最新TB
プロフィール
HN:
中原 青餅
年齢:
34
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1983/03/06
職業:
根暗御宅
趣味:
自堕落
自己紹介:
ネガティブは心の友。
ただただ趣味をあまりの暴走加減饒舌に綴るためだけ記。
いつ何時でもオチを求めてはいけない!
中原の行動に意味を求めてはいけない!
ブログ内検索
アクセス解析
ブログパーツ
忍者ブログ [PR]